1回読んだだけでずっと奥にしまったままだった「星の王子様」。

この一週間時間が沢山あったからふと思い出して引っ張り出してきて読んだ。

 

 

昔読んだときは、何だかふわふわしていて抽象的で良く分からないな、と思ったんだけど

今回読んでみたら 心動く場所ばかりだった。

 

前回読んだときは子供なのに星の王子様で言う「おとなの人」でしかなかったから話の内容が分からなかったんだと思う。

 

 

昔読んだ本を新ためて読むと、心動かされる場所が違ったり意味を感じられるようになる瞬間がとってもすきです。

 

過ごした日々の答え合わせみたいで楽しい。

 

こういう時間をかけた嬉しさががあるから、同じ本を何回も繰り返し読むことはやめられない!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です