写真は神様ハヌマーン

こんな記事に恐れ多いけど使っちゃったい

 

 

 

私は股関節が固い。

原因のひとつは子供の頃からの座り方。

今でこそあぐらで座れるようになったけど、ヨガを始める前まではその姿勢は大変すぎてキープできなかった。

そのまま癖に気づかず過ごしていたらと思うと本当に怖い;;;

股関節のストレッチに、ハヌマーンアーサナ(猿王のポーズ)をしている。

※ハヌマーンとはインドの神話に出てくる猿の神様のこと

一言でいうと前後開脚!

こんな感じでブロックを補助に置いて、高さを調節する。

ここが無理なくできるとこ。

ここからが人間の体ってとても不思議だなと思うこと。

お尻に固さを感じるので、マッサージをする。

握りこぶしをお尻の下に置いてグリグリ・・・

スプタパワンムクタアーサナ(仰向けで膝を抱えるポーズ)

でお尻のびのび

さっきと同じように開脚をする・・・

あら不思議!!

今まで全っっく開かなかったところまで、痛みもなく開くことができた。

脚や股関節付近も、今までと違った部分が動いているのが分かる。

こんな動き知らなかった・・・!

自分の体と調子を観察して感じて、少し労わりながら接してあげると

今まで知らなかった体の使い方の領域に気づかせてくれるんだなーと感動しました・・・

普段の生活も体とおんなじで、「私はこうだから変わらない!」とか、「常識はこうだから無理だ!」とか

最初から決めつけたり、一般常識に無理に当てはめたりしようとすると、固まってしまって自分に良くないなと思う。

本当はその思い込みを外せば、同じ場所でももっともっと軽やかに心地よく過ごせるのに、つい心の思考ぐせは

偏りがち・・・

心の癖も、体の癖も、きちんと向き合ってゆっくりゆっくりほぐしていきたいですね^^

上の写真のハヌマーン、私はまだ腰に負荷がかかってしまうから、体の声を聞きながら上手に付き合ってやっていきたいです。

痛めないこと長く気持ちいいことが一番大事。体の声を聴きながらゆっくりゆっく進んでいこうと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です