◼️お知らせ◼️
年明けに濃厚接触者となりました。
検査結果は【陰性】でした。
特に何の症状もありませんが、人と近いお仕事なのと保健所の原則により、念のため3週間弱、全てのクラスをお休みにさせてもらっています。

担当する全クラスがお休み期間中の出来事だったので、ご安心ください。
レッスンをご予約してくださっている皆さまご迷惑をおかけしています。
気にかけていても来るときは来るんだなと実感しました。

色んな報道が増える中、あえてsnsに書くものどうかなと思いましたが

感染や濃厚接触の情報が世間でオープンになればなるほど、「コロナ自体よりもかかった時の人の目が怖い」という同調圧力的な怖さを抱える人達は気持ちが楽になるだろうなと思ったので書きました。

 

というのも

会社や病院等、最前線の現場に立って気を張り詰めながら仕事をしてくれているのに、感染したら非難されてしまうような状況や

特に今回、感染した方は何も悪いことしていなくても「感染してしまった。周りに迷惑をかけてしまった。」と強い罪悪感で打ちのめされていることを知って。

 

そんな状況が変わったら良いなと思うので
内輪だけに留めるよりオープンにしたいと思いました。

 

 

【不安という名の正体は妄想】
ここからは私の話ですが、
今改めて強く確信を持っていることは
呼吸へ意識を向ける事ことや、自身と向き合い癒すヨガの生き方が染み込むほど、

どんな状況でも前を向いて平常心をもって過ごせる。

ということ。
昨年のスタジオオープンと同時にコロナ渦が始まり、
こういうお知らせ↑を出す状態にはなりたくないなと思っていました。(皆そうですよね。)
病気自体よりも、周りに迷惑をかけてしまうことや、村八分みたくなったら怖いなと思っていて。
なのでまさに今いる状況は

【過去の私が未来を想像したときに一番不安に思っていた場面】
なのですね。
けれど実際に今現在ここにいる私の心境は

【人生で一番肝が据わっていて緊張から自由】
でした。
自分の心境に正直びっくりしました。
だって元々不安の化身みたいな性格してたから。笑

心の動きや考え方は癖です。
そしてそれは変えることができます。

起こっていないことに対する不安や恐れは
気力も体力も相当使う。
どうせならそのエネルギーをもっと目の前の一瞬に
情熱を燃やせることに没頭したり
誰かの役に立てるように上手に使いたい。

【過去の事でもなくまだ起こっていない未来でもなくて、意識をいまここにピントを合わせること】
【必要なことは必要な時に完璧なタイミングで訪れている。だから安心して。大丈夫。結果は天に委ねて目の前にある自分のやるべきことをする。】
【自分の内なる声に耳を傾けて行動する。その声を無視することは自分が自分を裏切ること。内なる声は純粋な良心の声。】

ヨガの言葉がいつも胸にあります。
全く不安を感じないスーパーヒューマンには今のとこなれそうもないけど、
何があってもきっと大丈夫だろうなーということを知っている。
内側に育っている強さ。これはとっても心強い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です